実験①の結論

対局結果をお伝えするのをすっ飛ばす形になりますが 実験1の結論です。
報告からすると 対局形式を変えても勝率はほぼ互角というデータになりました。

1vs4の対局を1時間切れ負け10回やって それぞれ6勝 4勝となりました。

つまり、ほぼ互角と見ていいと思います。

試行回数が少ないのですがあまり変わらないという結果になります。。

実験結果となります。

あまり強さに変化はないが、序盤は定跡なしだと極端に弱くなる ということでした。

あまり役に立たない情報で申し訳ないです。

また今回作成した評価関数は希望があれば配布をいたします。