コンピュータの性能の違いでどれだけ強さが変わるのか。

コンピュータ将棋における一番の疑問はパソコン性能で強さが変わるのかどうか。
同じソフトでやるのが普通かもしれませんが32bit版と64bit版では更新が止まってしまったのがあるので難しい。

評価関数は同じでもエンジンが新しいのと前のもので差がどれだけでるのかは書いてあるが、PC性能でも大幅に変わりそうである。

それで今日10時半 同じ評価関数、同じ定跡で二つのパソコンを使い、Floodgateに放浪させてみます。

(サーバー同士での対局もできましたが、中盤がガタガタで勝負にならなかったので。。。。)

評価関数は前回の記事に書いたものを使用します。(KPPTのAperyと同等の強さ程度でした。お互い定跡無しで時間が短い対局だと中盤押し切られて負ける事がほとんど)

まふ横歩取り定跡を使います。

ちなみにPC性能についての差についての説明ですが
ログイン名:S_test_KKPT_YO2017_32bit_Engine (32bit最新版がやねうら王2017-ealry)
CPU:W3520(32bit)
メモリ:4GB
スレッド数:4
OS:Windows7

ログイン名:S_test_KKPT_18gou_Engine (人造棋士18号の製作者が配布している18gou-tournamentを使用します)
CPU:i7-4790(AVX2)
メモリ:8GB
スレッド数:8
OS:Windows10

1世代どころか2世代違うような感じのパソコンになりますので
どこまで強さが変わるのか参考になればと思います。

とりあえず時間は午後3時ぐらいまでを目処に終了させます。